HPVワクチンの償還払いについて

積極的接種勧奨の差し控え期間に自費で接種した方へ(償還払い)

 積極的な接種の勧奨を差し控えている間に自費で接種(任意接種)した方に対して、令和4年3月31日までにHPVワクチンの任意接種を自費で受けた方に接種費用等の助成(償還払い)を実施しています。

対象者

平成9年4月2日から平成17年4月1日までに生まれた女性のうち、以下の条件をすべて満たす方

①令和4年4月1日時点で村に住民登録のある方
※H18・19年度生まれの方は、通常の接種対象の年齢を超えてもR7年3月末まで接種できます。
②16歳となる日の属する年度(高校1年相当)の3月31日までに3回接種を完了していない方
③17歳となる日の属する年度(高校2年相当)の4月1日から令和4年3月31日までに国内の医療機関でHPVワクチンの任意接種を受け、実費を負担した方
④償還払いを受けようとする接種回数分について、キャッチアップ接種を受けていない方
 

申請受付期間

令和4年4月1日から令和7年3月31日まで
 

助成額

接種者が負担した接種料金の実費
※領収書などの提出がない場合は、猿払村子宮頸がん予防ワクチン委託単価を上限とします。
 

申請方法

以下の必要書類を準備し、保健福祉総合センター窓口または郵送にて申請ください。
1.ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請書(保健センター窓口にも備え付けてあります)
2.本人確認書類(申請者・被接種者の氏名・住所・生年月日が確認できる書類の写し)
※運転免許証、健康保険証(両面)、申請時住所記載の住民票などいずれかひとつ
3.振込希望先金融機関の通帳又はキャッシュカードのコピー(口座番号等確認用)
4.接種費用の支払いを証明する書類(領収書及び明細書、支払証明書等)※原本に限ります
5.接種記録が確認できる書類(母子健康手帳「予防接種の記録」欄の写し等)
 

注意事項

・5の書類がない方は、様式第2号ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請用証明書に、医療機関の証明を受けたうえで、ご提出ください。
・申請者と被接種者が異なる場合や、必要書類が不足している等の場合に、追加の書類を求めることがあります。
・償還払いの対象となるのは、2価ワクチン、4価ワクチンのみです。9価ワクチン(シルガード9)は対象となりません。
 

お問い合わせ

保健福祉課 健康推進係
<申請書送付先>
住所 〒098-6234
宗谷郡猿払村鬼志別北町28番地
猿払村保健福祉総合センター 保健福祉課健康推進係

ページの先頭へ戻る