北海道猿払村

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 標準
  • 大
  • ホームページの使い方

橋梁点検結果の公表について

背景

 猿払村が管理する道路橋は、全44橋あります。20年後には、建設後50年を経過する橋梁が約60%を占め、高齢化した橋梁が急速に増大するという調査結果が得られています。これにより、多くの橋梁では、経年劣化に伴う損傷や不具合が発生する可能性が増え、それらは交通の安全を脅かすことにつながっていきます。

目的

 定期点検は、道路橋の各部材の状態を把握・診断し、道路橋に必要な措置を特定するために必要な情報を得るためのものです。安全で円滑な交通の確保・沿道や第三者への被害の防止を図るため、橋梁の維持管理に必要な情報を得ることを目的に実施しています。       

       

取り組み

平成25年の道路法改正等を受け、平成26年7月より、道路管理者は全ての橋梁について5年に1度、近接目視で点検を行い、点検結果として健全性を4段階に診断することになりました。猿払村では、平成28年度に24橋、平成29年度に20橋の点検を予定しています。
橋梁診断の判定区分は下記PDFファイルのとおりです。

点検結果

平成28年度(12月現在)の橋梁点検結果は下記PDFファイルのとおりです。
 



問い合わせ先

建設課 土木係
電話:01635-2-3135

〒 098-6232 北海道宗谷郡猿払村鬼志別西町172番地1 電話 01635-2-3131 FAX 01635-2-3812