北海道猿払村

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 標準
  • 大
  • ホームページの使い方

地勢

むらの地勢

 総面積は590Km2を有し、村としては北海道で一番広く、総面積の約8割が山林や原野であり、手つかずの自然がいっぱい残っています。
 東部は約33kmの海岸線を通じて豊富な水産資源を誇るオホーツク海を臨み、西・北・南部は背梁を低下しながら幌尻山・エタンパック山を中心に、標高200mから400m前後の宗谷丘陵が連なっています。中央部から東部にかけては広大な耕地や原野が広がっており、役場所在地の鬼志別を中心として大小11の集落が形成されています。
 また、宗谷丘陵を水源として猿払川など6水系が緩やかな流速で屈曲しながらオホーツク海に注いでおり、下流域には大小の沼や湿原を形成しています。
 土壌及び地質は、山地及び丘陵地は右生層の砂岩・泥炭・残積土壌であり、海岸段丘地は、砂岩・夏岩・砂層・海砂等の風化推積層よりなる洪積土壌、低湿地は沖積土壌及び泥炭土壌であります。

面積及び距離

面積 590Km2
東西 28.6km
南北 34.4km

土地利用の状況

総面積 宅地 牧場 原野 雑種地 山林その他
590.00Km2 63.29Km2 1.95Km2 5.72Km2 52.33Km2 3.42Km2 463.29Km2
比率 10.73% 0.33% 0.97% 8.87% 0.58% 78.52%
                                             (平成24年4月1日現在)

問い合わせ先

企画政策課 企画係
電話:2-3132

〒 098-6232 北海道宗谷郡猿払村鬼志別西町172番地1 電話 01635-2-3131 FAX 01635-2-3812