北海道猿払村

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 標準
  • 大
  • ホームページの使い方

食生活で出来るガン予防

食生活で出来るガン予防

 日本人、そして猿払村に住む人も死因の第1位は「ガン」です。そんなガンの原因では、タバコは知っていると思いますが、実は食生活(食習慣)が原因でガンになるケースも結構あります。そこで今回は、食生活を中心としただれでも出来るガン予防を説明したいと思います。
 まず、ガンの原因となる物質としては「焦げ」や「カビ」などが有名です。これらの物質は、発ガン性の高いものもありますので、極力食べないようにしましょう。
 また、避けた方がよいものには、「しょっぱいもの・熱すぎるもの」などがあります。ただ、これらのものは取り過ぎるとよくないということで、食べてはいけないということではありませんのでご注意ください。

ガン予防法

  1. 植物性食品を基本とし、多様な食物を食べる…白米や精製紛より、玄米や胚芽米、全粒紛のほうが効果的です。
  2. 標準体重の維持…ふとりすぎでもやせすぎでも可能性が増えます。
  3. 運動の継続…内容より回数が重要です。週1回以上が理想的です。
  4. 四季を通じ野菜・果物を豊富に…野菜や果物にはガン抑制効果があります。野菜は1日350g(手のひらにのるぐらいの量の2倍)以上を。
  5. アルコール類は1日1合以内…心臓病には少しのアルコールは効果があるがそれ以外では悪影響の方が多い。
  6. 赤身の肉は少なめに…赤身の肉より魚類を食べましょう。また、豚肉・牛肉は1日80gまでに。
  7. 脂肪や油は控える…最近の日本人は取る量が増えてきています。
  8. 食塩・塩蔵物は抑えて…塩分は1日6g以下に。今、取っている量の半分が理想的です。
  9. 黒焦げの食べ物は食べない…焼き魚に大根おろしやレモン果汁は毒性を中和させます。
  10. タバコは吸わない…いくら良い食生活をしても、タバコを吸ってしまうと帳消しになってしまいます。

問い合わせ先

保健福祉課 健康推進係
電話:01635-2-2040

〒 098-6232 北海道宗谷郡猿払村鬼志別西町172番地1 電話 01635-2-3131 FAX 01635-2-3812