北海道猿払村

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 標準
  • 大
  • ホームページの使い方

食中毒にご注意を!

食中毒予防の3原則

 夏期は食中毒の発生件数が一番多い時期です。そして食中毒は、予防をすれば確実に防ぐことが出来ます。今回は、食中毒予防の3原則について説明します。

1. 清潔(菌をつけない)

  • 手洗い
  • 調理器具の洗浄・殺菌・使い分け
ポイント
 食中毒菌は食肉、魚介類、野菜類等の食材から台所に侵入します。見た目の清潔だけでなく衛生的に考える事が大事です。

2. 迅速な取扱い(増やさない)

  • 食材を購入したらすぐに食べる。
  • 温かいところには置かない。
ポイント
 細菌が増殖するに最適な温度帯(30℃~40℃・人間の体温ぐらい)に食べ物は長く置かないようにしましょう。

3. 温度管理(殺す)

  • 加熱保存 内部まで十分に加熱
ポイント
 ほとんどの細菌は高温で加熱することにより死滅させることができます。熱を加えることができるものは、食品の内部まで十分に加熱することが大事です。ただし、高温(油で揚げても死なない)にも耐える食中毒菌や毒素があるので安心は禁物です。

問い合わせ先

保健福祉課 健康推進係
電話:01635-2-2040

〒 098-6232 北海道宗谷郡猿払村鬼志別西町172番地1 電話 01635-2-3131 FAX 01635-2-3812