北海道猿払村

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 標準
  • 大
  • ホームページの使い方

「消費期限」と「賞味期限」って?

 今回は全ての食べ物に記入してある「消費期限」と「賞味期限」について説明します。平成9年4月から食品がいつまで安心して食べられるかを判断するために、日付表示が製造年月日から消費期限または賞味期限(品質保持期限と表示している場合もあります)に変更されました。
 「消費期限」とは、その期間内に消費すれば衛生上の危害(食中毒等)が発生するおそれがない期限を示すもので、その期限までに食べてください、という意味です。
 また、「賞味期限」とは、その期間内であれば品質を保つのが十分に可能な期限を示すものです。したがって、賞味期限は消費期限と違い、賞味期限を過ぎた食品を食べたからといって、すぐに衛生上の危害を起こすとは限りません。(ただし、記入された保存方法が守られていなかった場合は可能性があります)

消費期限 対象食品 製造後、数日以内で劣化しやすい食品(おおむね5日以内)
表示例 12年9月15日
主な食品 食肉、生麺類、弁当、総菜、調理パン、生菓子類、豆腐など
賞味期限 対象食品 製造後、3カ月以内品質が保持できる食品
表示例 12年9月20日
主な食品 清涼飲料水、食肉製品(ハム・ソーセージ)、牛乳、マーガリ
蒲鉾、冷凍食品など
対象食品 3カ月を超えて品質保持できる食品
表示例 12年9月
主な食品 即席麺類、食用油、缶詰、瓶詰など
対象食品 数年以上長期保存できる食品
表示例 省略可能(無表示)
主な食品 砂糖、塩、チューインガム、アイスクリーム類など

問い合わせ先

保健福祉課 健康推進係
電話:01635-2-2040

〒 098-6232 北海道宗谷郡猿払村鬼志別西町172番地1 電話 01635-2-3131 FAX 01635-2-3812